Crosstalk

Member Outline.

山内さん
  • 総合職
  • 2007年入社 中途入社
  • フロア長

入社1年目:タイヤ担当

入社3年目:オーディオ担当

入社8年目:主任へ昇格

入社13年目:フロア長昇格

上曽山さん
  • 総合職
  • 2016年 中途入社
  • 主任

入社1年目:レジ担当業務

入社1年半後:タイヤ業務を担当

入社2年半後:主任へ昇格

紀平さん
  • 総合職
  • 2016年入社 新卒入社
  • 一般

入社1~2年目:レジ担当業務

入社3年目:T部門(タイヤ・ホイール・バッテリー)担当

伊藤さん
  • 総合職
  • 2019年入社 新卒入社
  • 一般

入社1~2年目:レジ担当業務

株式会社ビッグに入社を決めた理由

山内さん

総合職

ビッグに入社を決めた理由は、店舗で働くスタッフの方々の”働く姿・表情”でした。
元々スーパーオートバックス植田の近所に住んでいて、いつも店舗の前を通る度、スタッフの方々の元気な挨拶や仕事中の表情がとても魅力的だと感じました。
自分自身も「この職場で働きたい」「イキイキした表情で働きたい」と思い始めたことがきっかけでした。

紀平さん

総合職

私の場合、入社を決めた理由は「活気のある仕事風景」でした。もともと車やバイクを運転することが好きで、普段から車やバイクで旅をしていました。そんな中、大学でも企業説明会でビッグと出会い、「オートバックスなら子供の頃からよく連れてきてもらっていた思い出があるなと」軽い気持ちで申し込んだことがビッグとの出会いでした。いざ話を聞いてみると今まで知らなかったような細かい部分の知識が必要と感じ、ここで働いたら車のことがより詳しくなれるのでは?と興味が湧いたことがきっかけで選考を希望しました。そして選考を通じ、ビッグの活気がある仕事風景に魅力を感じて「オートバックスで働くならビッグが良い」という気持ちが一層強くなり、入社を決意しましたね。

上曽山さん

総合職

私は、中途入社で前職から車関係の仕事に就いていました。ですが私自身、車用品を買いに行っても車用品のことはさっぱりわからない状況でして。ですが車の知識は付けたいなと、前職時代から感じていました。そんな話を地元の先輩としていたところ、「オートバックスに入ったらさらに知識が増えるよ」と教えてくれました。その先輩がまさに地元のオートバックスの社員でした。その話を聞き、当時住んでいた兵庫県でオートバックスの採用を調べると、名古屋にてフランチャイズの募集を見つけました。こちらから何社か応募をした中の一社目が名古屋にあるビッグでした。面接初日に本社下にあるとよあけ店に15分前に到着し店内で時間が来るのを待っていた所、スタッフの皆さんが気さくに声をかけてくださり、商品の話を楽しく会話させてもらいました。その出来事が私自身大きく心に響いた事もあり、他の面接をお断りさせてもらい、ビッグの面接を受け、その旨を伝えました。筆記試験の結果は微妙でしたが。。今思い返しても、何も知らないお客様に気さくに話かける環境は、私が入社する大きな後押しをしてくれた出来事です。

伊藤さん

総合職

私の場合、初めてビッグを知ったのは、高校の進路室で求人票を探している時でした。当時、接客が好きな私は事務職だけではなく総合職を探していました。
その中でも目に止まったのが、ビッグでした。詳しく調べてみると、自宅から近く身近にある会社でした。当時は車関係の会社なので、やっぱり車が好きで知識がないと厳しいだろうと思っていましたが、先輩コメントで「知識がゼロでも大丈夫」と書いてあったのを見つけ応募しました。今思うこととして、車は生活の中であって当たり前の存在だと思います。身に付ける知識としても大切だと感じています。普段から通っていたお店だったこともあり、ここで学んで先輩方のように一緒に働きたいと思い、ビッグへ入社を決めました。

入社前と後のギャップ

山内さん

総合職

私自身初めての就職で、社会人としてのスタートが株式会社ビッグだったので、特にギャップはありませんでしたね。学生時代のアルバイトでは、決められた範囲の中でしか仕事をしていませんでしたが、社会人となり1人の販売スタッフとして、自ら考え、行動した結果、成果を残したときはとても気持ちの良い達成感を得ることが出来ました。
個人だけではなく、チームの力の大切さもこの会社で学ぶことができ、想像していた仕事より遥かに成長出来る環境でした。想像していた以上に社会人の仕事はやりがいのある仕事だと感じています。

紀平さん

総合職

入社前までは「知識こそが全て!!」くらいのイメージでしたが、実際に働いてみると、知識よりお客様との話し方が重要だったことです。あまり詳しくないお客様に「あーでもない。」「こーでもない。」と細かく説明するより、わかりやすく噛み砕いて伝える方が満足してい頂けます。もちろん知識があれば話の幅がぐん、と広がるので日々の勉強も欠かせませんね。

上曽山さん

総合職

ギャップというより想定している通り、商品知識が身につくのはもちろんです。ですが大きく印象と違うのは、紀平さんが仰っていた、商品知識だけ持っていてもお客様に伝わることを意識してご案内をしないと納得していただけない、ということです。知識があればある程度販売は可能になると思っていた昔の私は浅はかでした。自動車の知識が浅いお客様には、難しい言葉を伝えられてもさっぱり分からないと思います。それを早々に実感してから、同じ部門のスタッフと「伝え方」というのを勉強するようになりました。自動車の知識だけでなく、人との接し方の重要性を十分知ることになりました。これから新しく入社し、一緒に働く後輩や部下に対しても同じです。今でも知識を教えるだけでなく、「伝え方」や「教え方」を日々勉強し、仕事をしていますね。

伊藤さん

総合職

私の場合は、大きなギャップはありません。その為、入社してから言葉遣いや表情、声のトーンを気にかけるようにしています。レジは店舗の出入り口すぐ近くにある為、店内から入られるお客様と最初と最後に顔を合わせる場所です。だからこそ、「寄って良かった」「また来たい」と気持ちよくお買い物していただけるのか、日々考えながら接客しています。様々なお客様がいらっしゃるので、毎日が勉強です。

ビッグでの忘れられない思い出

山内さん

総合職

お客様との意思疎通がうまく取ることが出来ずトラブルになりかけたことがありました。
その時は、先輩社員の方がフォローしてくださったおかげでトラブルが大きくなる前に未然に防ぐことができました。
いつか自分もこの人のようになりたいと強く思い、自分の後輩や部下が困っていることがあれば、フォローすることができるスタッフになろうと決意しました。いい思い出でなくとも、成長したいと感じた大切な思い出です。

紀平さん

総合職

私が忘れられないのは、「ベンツでタイヤがパンクしてしまったので、即日で交換したい!」というお問い合わせを受けた際、うちには在庫がなく、近隣店舗にも無かったため、その時は在庫を持っている他社をご紹介して終わったお客様のことです。後日店舗にそのお客様からお手紙付きの粗品が郵送されてきて、単なる電話での問い合わせでもここまで喜んで頂けることがあるのだと、とても驚いたのを覚えていますね。

上曽山さん

総合職

まだレジ部門だった時、私と部下の2人で会計時にLINEのお友達登録を獲得する目標を立て獲得件数を伸ばしていました。お互いが休日でも獲得件数を報告し合い、休み明けにし負けず嫌いの私は前日の部下の件数を追い越そうと奮闘していました。仕事終わりに部下と2人でどのようにご説明すれば、お客様は登録していただけるのか?ということを話しながら帰っていました。奮闘する日々を繰り返していたある日、本社から私たちに「2か月連続獲得率全国TOPになってるよ」と数えてもらった時、お互いに努力した結果が数字に出て、物凄く嬉しかったです。結果が出たときの達成感は本当に忘れられず、今でも大切な思い出の一つです。

伊藤さん

総合職

レジでピット作業の受付をし、無料の安全点検の内容を伝えた際、「はっきり言ってくれて分かりやすく、助かった」と言っていただいたことです。私もわからない事ばかりの時、先輩スタッフから説明してもらった事を思い出し、分からなかった私が理解できたように、相手を思いながら説明して良かったと思いました。

これから目指したい目標や夢

山内さん

総合職

仕事においての目標は、店長になることです。自身が追い求めるリーダー像は「強くて優しいリーダー」です。
この理想に少しでも近づけるよう、日々学び・考え・行動し、その結果を検証する。このPDCAサイクルの中で私自身が一人の人間として成長していきたいですね。

上曽山さん

総合職

自身の成長はもちろんです。その先に店長になって一つのモットーである「楽しい店舗・活気のある店舗」を作ってみたいという夢があります。その過程として、周りのスタッフとの会話をする中で、皆がどういえばしっかり伝わるか?言い方は相手を傷つけたり、言葉にトゲが無いか?という事を考えていけるような社員を私自身が手本になって教えていけるように勉強していこうと思っています。「些細なことでも助け合う」という環境ができれば、皆意識の高いお店が作れ、働いているスタッフが不安のない理想なスタイルが実現すると思います。私自身この思いにブレず強い気持ちを持って日々努力しています。

紀平さん

総合職

目標は、より知識を深めて、もっとオールマイティーに動ける販売員になることですね。現状では、ナビやGT・スポーツ関連はまだよくわかってない部分が多く、知識も乏しいので、自分の担当部門も勉強しつつ、新しいことも覚えて、深く広く対応できるよう目指しています。

伊藤さん

総合職

今出来ている業務に満足せずに自分から進んで新しいことにチャレンジしていきたいです。笑顔と笑声を忘れずに親しみやすいスタッフになれるよう日々努力し続けます。そして一人で迷わず悩まずに周りのスタッフと協力して成長出来たらと思います。

就活生へのメッセージ

山内さん

総合職

専門知識や技術は必要ありません。1つ1つ目の前の仕事を一生懸命に行い、仕事に対して真面目に誠実に向き合っていれば、必ず会社が見てくれています。
個人的にも社会人として成長し、会社と就活生自身にとって「win-win」な関係をきっと築けると思います。一緒に働ける日を楽しみにしています。

上曽山さん

総合職

車に興味がある人・車好きな人はまず大歓迎です!車にこれまで興味がなく、これからという人も、向上心や熱心さ、自分自身がどうなりたいか、という理想像を持っていると凄くやりがいがある会社です。普段から「なんでこうなっているんだろう?」であったり「どうしてこういう考えを先輩は持っているのだろう?」と疑問を持って接する、質問できる、と尚更いいと思います。仕事や作業には理由があります。仕事の意味を理解して行動すると毎日有意義な時間を過ごせます。有意義な時間は結果もしっかり付いてきます。前向きな気持ちを持って入社してきてもらえたらいつも以上に歓迎します!

紀平さん

総合職

現状車の知識が無くても、最初は興味さえあれば大丈夫です。わからないことや不安なことは先輩社員に聞けば必ず教えてくれます。元々CGや画像合成を専攻していた私は、車種名すら言えませんでした。今では通りを走る車の名前を当てて遊ぶくらいにはなっています。また普段から確認も含めた報告・連絡・相談がしっかりできる人は重宝されます。トラブル回避や状況の判断、そして何より教えた側の理解も深まるので、なんでも聞いてくれる人と一緒に仕事をしたいですね。

伊藤さん

総合職

車が好きではなくても、車種名もわからなくても大丈夫です。全く知識のない私でしたが、必ず先輩スタッフがサポートしてくれます。
上下関係はもちろんですが、それ以上にスタッフ一同がフレンドリーなので、苦しいことがあっても楽しく仕事ができます。困ったら素直に聞いてみてください。優しくわかりやすく教えてくれます。

Recruit

採用情報

ビッグで働いてみませんか?

詳細を見る